肥料・農薬の販売、使い方指導のプロ集団「万来屋物産」による農業情報サイトです

肥料農薬の販売・栽培指導

  • HOME »
  • 肥料農薬の販売・栽培指導

肥料や農薬の販売には登録や許可が必要ですが、言うならば、どこでもだれでもやっています。
私たちは、肥料・農薬の専門家として、農家さんの「わからない」「困った」「こうしたい!」の気持ちにお応えし、美味しい作物を作られた時の農家さんの笑顔を増やすために、日々精進しております。

どうやって使うの!? 肥料・農薬!

各用途に対応できる、数百種の肥料を取り扱っております

各用途に対応できる、数百種の肥料を取り扱っております

ひとえに肥料といっても、万来屋物産で取り扱っている肥料だけでも100種類を越えています。しかも、肥料1つ1つに個性があって、作物の出来も変わってくるんです。
私マッキーが入社した当初は、肥料って、数種類しかないって思っていたんです。先代の二又社長から肥料倉庫を案内してもらったときに、あまりの数の多さにびっくりしたのを覚えています。

そして、通常使う化学肥料、有機化成等のほかにも、有機肥料・ボカシ肥料・土壌改良剤・活性剤・液肥と、いくつもの種類があると教えてもらいました。

それからは肥料1つ1つを覚えるために毎日勉強の日々です。お客様は大切な作物を作っているわけですから、より良い作物を作る手助けをするために、夜も寝ないで昼寝して勉強しました!

また、農業に欠かせないには、農薬なんです。農薬も間違った使い方をしなければ、問題ありません。
農薬の勉強は肥料よりはるかに難しかったんですよ。何度も挫折しそうになりました。農薬は、ざっと数えても数百種類ほどあります。作物や病気、害虫に対して、使い方が変わってくるんです。薬剤によっては、治療に使うものもあれば、予防に使うものもあります。とっても難しいんです。使い方をよく理解してお使い頂きたいです。

商品知識の習得はもちろん、肥料の栽培試験も行っています

万来屋物産では、作物ごとに肥料の栽培試験をおこなっています。同じ肥料でも作物や散布する時期が違うだけで、作物の生育や収量に大きく差が出てきます。地区によっても異なりますよ。
安心してお客様が使って頂けるように、そして、より良い作物を作り出す手助けになるように、という思いで取り組んでいます。

現場の声からも、学ばせて頂いております

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

農家さんとの勉強会も欠かせません

農業の事を一番知っていらっしゃるのは、農家さんです。万来屋物産にはたくさんの契約農家さんがいらっしゃいます。その農家さんから栽培記録を見せてもらい、分析しています。農家さんとの勉強会も欠かせません。そのおかげで、より良い使用方法を提案できたり、マニュアルにはない、臨機応変な対応もできます。
これかな?と思った肥料や農薬でも、もし使い方がわからない場合や、疑問などがありましたら、お気軽に聞いてくださいね!




マッキーが勤める万来屋物産(マキヤブッサン)はこんな会社です【会社案内】

お気軽にお問合せください TEL 0942-44-6101 【 本 社 】 福岡県久留米市山本町豊田71-5
【熊本営業所】 熊本市北区植木町投刀塚73-2

PAGETOP