今年はビクリンなどの土壌消毒材を使用せず、発酵プレミアムSのみを使用し、土壌の改善を行いました。